建てるには?

建売住宅と注文住宅の違いとは

新築の一戸建てには建売住宅注文住宅の2種類があります。
建売住宅と注文住宅の違いってなんだろう?どう違うのかな?と思う方が多いと思います。
そこで今回は、それぞれのメリット・デメリットを詳しくご説明していきます。

建売住宅

建売住宅とは、売主が決めた仕様で建築した建物とその土地を一緒に販売する住宅のこと。
基本的には建物が完成してから販売を開始し、
住宅購入者に実物を見てもらって購入判断してもらいますが、
まれに建築中や着工前の段階で販売を開始することもあります。

【メリット】
・一般的には注文住宅よりも割安
・土地を探す手間が不要
・すでに建っているので、仮住まい費用がかからない
・すぐに入居できる
・確定プランや実物を見ることができる

【デメリット】
・注文住宅のように構造部分までは自分の目では確かめることができない
・希望の間取り・仕様ではない

注文住宅

注文住宅とは、建築事務所やハウスメーカーなどに設計を依頼して、
工務店などの施工会社に家を建ててもらうもののこと。

【メリット】
・間取りに自分の意見を組み入れて作成することができる
・工事過程を見ることができる

【デメリット】
・建ててみないとわからない(想像通りとは限らない)
・建築する期間があるので、すぐに入居できない

この様に、建売住宅には建売住宅のメリット・デメリットがあり、
注文住宅には注文住宅なりのメリット・デメリットがあります。
どちらが良い悪いというのはありませんので、希望条件などと相談して決めましょう。

  • follow us in feedly

関連記事

  1. 用途地域ってなに?
  2. 新築を建てる際の土地選び
  3. 新築一戸建てを建てる流れ

おすすめ記事

摂津市 小学校・中学校校区一覧

新築を建てる際の土地選び

土地選びでの注意点や、土地形状・広さはどれくらいあればよいのかなど様々な疑問を解決していきます。…

吹田市 小学校・中学校校区一覧

吹田市 公立幼稚園一覧

園名所在地TEL江坂大池江坂町3-13-106-6386-9226片山朝…

一戸建て購入の流れ

物件情報収集まずは、住みたい地域・住宅の種類・広さや間取り・入居時期などの希望条件を決め…

PAGE TOP