売るには?

媒介の種類

不動産を売却する際には、不動産会社と媒介契約を結びます。
媒介契約には専属専任媒介専任媒介一般媒介の三種類あります。
それぞれの特徴を確認し、適切な媒介契約を結びましょう。

 

専属専任媒介

仲介を1社の不動産会社にのみ依頼する契約のこと。
他の不動産会社に重ねて仲介を依頼することは契約で禁じられています。

また、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)についても、
依頼した不動産会社を通して取引することが契約で義務づけられています。

 

専任媒介

専属専任媒介同様、仲介を1社の不動産会社にのみ依頼する契約のこと。
他の不動産会社に重ねて仲介を依頼することは契約で禁じられています。

自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とは、
不動産会社を通すことなく契約することができます。

 

一般媒介

複数の不動産会社に同時に仲介を依頼することができる契約のこと。

自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とは、
不動産会社を通すことなく契約することができます。

 

 

  • follow us in feedly

関連記事

  1. 用途地域ってなに?

おすすめ記事

不動産の購入にかかる諸費用

手付金売買契約の際に一部先払いで支払うお金。売買代金の一部に充当されます…

用途地域ってなに?

マンション・土地・一戸建てなどのすべての不動産に記載されている用途地域。用途地域には全部で13種…

マンション購入の流れ

物件情報収集まずは、住みたい地域・住宅の種類・広さや間取り・入居時期などの希望条件を…

建売住宅と注文住宅の違いとは

新築の一戸建てには建売住宅と注文住宅の2種類があります。建売住宅と注文住宅の違いってなんだろう?…

媒介の種類

不動産を売却する際には、不動産会社と媒介契約を結びます。媒介契約には専属専任媒介・専任媒介・一般…

PAGE TOP